0797-62-7255
info@kansai-housing.com

空家バンク

空家バンクイメージ

すでに施行されております「空き家対策特別措置法」により固定資産税優遇措置が撤廃
放置空き家に6倍の税金がかけられます。
順次、自治体の「空き家監視員」が放置空き家を個別調査して「撤去空き家」と認定し、
命令、勧告書を発令して、解体費何百万を伴う建物の撤去を迫って来ます。
それに従わない場合は「強制執行」となり自己売却より高い解体費用を払わされ、大きく損をする事になります。

さらに倒壊放火など予期せぬ惨事を招きかねない危険が潜んでいるのも放置空家の特徴です。

空き家対策特別措置法の概要はコチラ

このような事態に備え弊社では「強制執行」をされる前に、住まなくなった家、相続物件、築古物件等
弊社での買取、もしくは売買仲介により速やかにお取引出来ますようご協力させて頂きます。
物件の種別は問いませんのでまずはお問い合せフォームもしくはお電話にてお気軽にご連絡下さい。

任意売却

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている方と各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を処分する手続きです。
住宅など不動産を購入する時に、ほとんどの方は金融機関から住宅ローンなどの融資を受ける事になります。
金融機関は融資の担保として、購入した不動産に抵当権などを設定しますが、この不動産を売却する時には
抵当権などを解除(登記を抹消)してもらうことが必要です。抵当権などを解除してもらう為には、融資金の残額をすべて返済する事が前提です。
住宅ローンの残高よりも高く売れれば何ら問題はありませんが、残高を下回る金額でしか売れない時には全額の返済ができません。
このような時に、金融機関など(債権者、抵当権者)の合意を得たうえで不動産を売却し、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権などを解除してもらいます。
これが任意売却です。
もし、何らかの事情で住宅ローンなど借入金の返済ができなくなった時、金融機関は最終的に担保不動産を差し押さえたうえで、不動産競売の申し立てをします。
この競売によってあなたの不動産が処分される前に、金融機関に任売による処理を認めてもらい、一般の流通市場で買い手を探します。
この方法は、金融機関にとって「競売の時よりも、融資金の回収が多く見込める」というメリットがあります。
そのぶん、あなたには「売った後の残債務の返済に柔軟に対応してもらえる」というメリットが生じます。
話し合いによって、あなたの引越し費用などを手当してもらえる事もあります。
「任意売却」という言葉が示すとおり、不動産競売のように強制的な処分ではありません。
しかし、返済ができなくなってから何もしなければ、近いうちに競売となる事は避けられません。
任意売却で早めに処理をするのか、それとも条件の厳しい競売を待ち続けるのか、大切なのはあなたの意志です。
まずはご相談からでも結構です。
お問い合せフォームもしくはお電話にてお気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ

0797-62-7255

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ